top of page

【facebook】フォロー&シェアでアフリカ進出に活用する補助金リスト資料をゲット!!


期間中!本日3月27日㈬から4月7日㈰まで開催!


AXCEL AFRICAのfacebookアカウント「Axcel Africa K.K. 」を期間中にフォロー&対象の投稿をシェアすると全員に無料でアフリカ進出・事業開発に活用できる補助金・助成金・委託事業資料をプレゼントいたします!!




 

アフリカ大陸は、その膨大な市場ポテンシャルと経済成長の可能性により、多くの企業にとって魅力的なビジネスフロンティアとなっています。


しかし、アフリカでのビジネス展開は、その地域固有の挑戦とリスクを伴います。

こうした挑戦に対処する一つの効果的な戦略が、補助金の活用です。


補助金は、政府や国際機関から提供される財政支援であり、ビジネスの立ち上げや拡大におけるリスクを軽減し、持続可能な成長を促進することを目的としています。


しかし、このような支援を受けることには、メリットだけでなくデメリットも存在します。


今回は、アフリカ進出を検討する企業が補助金を活用する際の利点と潜在的な落とし穴について掘り下げていきます。


なお補助金の公募は4月〜6月が多いので、検討されている方にとっては今がチャンスです。



 

目次

  1. 補助金とは何か

  2. アフリカで補助金を活用した方がいい理由

  3. 補助金を活用する際に注意する点

  4. アフリカ進出に活用できる補助金リスト

  5. アクセルアフリカの補助金支援サポート

  6. キャンペーン詳細


 

補助金とは何か

補助金とは、政府や公的機関が特定の目的を持つプロジェクトや活動を支援・促進するために提供する金銭的な援助のことを指します。

補助金は、特定の条件や基準を満たす個人、団体、企業などに提供され、その目的や用途は多岐にわたります。



アフリカで補助金を活用した方がいい理由

JICA民間連携事業など、国際協力機関や政府系機関が提供する補助金を利用することで、初期投資や運転資金の負担を軽減できます。


これは、新市場への進出初期において特に有効で、渡航費や現地での活動費用を賄うことが可能です。


アフリカで成功を収めるためには、これらの資金提供機会に精通し、適切に活用することが鍵となります。




  1. 市場参入の障壁の低減: アフリカの多くの国々では、起業やビジネス展開に伴う初期投資が高額になりがちです。これは、インフラの未発達や法規制の複雑さ、高い物流コストなどに起因します。補助金は、これらの初期コストを軽減し、市場への参入障壁を下げるのに役立ちます。

  2. 社会経済的発展への貢献: アフリカでは、貧困削減、教育、健康、持続可能な農業、クリーンエネルギーといった分野での改善が重要な課題とされています。補助金を活用することで、これらの社会経済的目標に寄与するビジネスモデルを開発しやすくなります。特に、社会的インパクトの高いプロジェクトは、補助金を得やすい傾向にあります。

  3. リスク管理: アフリカのビジネス環境は、政治的不安定性や通貨の変動リスク、法的・規制的な変更リスクを含む高リスクとされる場合があります。補助金は、これらの不確実性を緩和し、リスクを分散する上で重要な役割を果たします。

  4. 地域内での連携とネットワーキングの促進: アフリカ大陸は多様な文化と市場が存在するため、地域のパートナーや政府との連携は成功の鍵となります。補助金プログラムはしばしば、地元のステークホルダーとのネットワーキングやパートナーシップ構築を促進し、地域社会への理解と組み込みを深める機会を提供します。

  5. 技術移転と人材育成の支援: アフリカの多くの地域では、技術的なスキルや専門知識の不足が挑戦となっています。補助金を通じて、先進的な技術の導入や地元人材の育成プログラムに投資することができ、長期的な競争力の構築に寄与します。



補助金を活用する際に注意する点

補助金を活用することで良い面もありますが、逆にデメリットも存在します。



主な注意点をまとめました。


  1. 申請の手間とコスト: 補助金の申請には多くの手続きが伴い、それに伴う手間やコストが発生します。

  2. 条件や制限: 補助金を受け取る場合、特定の条件を満たす必要があり、ビジネスの自由度が制限される場合があります。

  3. 透明性の要求: 公的な資金を受け取る場合、透明性が求められ、ビジネスの詳細な情報を提供する必要がある場合があります。

  4. 返済の負担: 一部の補助金には利益が出たタイミングで、返済義務が伴うことがあります。これにより、ビジネスの収益性やキャッシュフローに影響が出る場合があります。

  5. 依存のリスク: 補助金に頼ることで、自社のビジネスモデルや資金繰りが補助金に依存する形になると、長期的な持続可能性に影響が出る場合があります。



アフリカ進出に活用できる補助金リスト



アフリカ進出・事業開発に活用できる補助金・助成金・委託事業には事業フェーズや様々な業種などによって様々なものがあります。


アフリカなど開発途上国で活用しやすい補助金しては下記のJ-Partnershipが有名です。



弊社ではその他、JICAなどアフリカ進出・事業開発に活用できる補助金・助成金・委託事業の一般的なものを資料としてまとめました。


アクセルアフリカのfacebookをフォロー・シェアしてくれた方全員にプレゼントしています。


ぜひアフリカ進出に興味のある方はこの機会にゲットしてみてください!


アクセルアフリカの補助金支援サポート



新しくアフリカ市場に進出や新たな事業の実証を希望されている企業やスタートアップの方は、まずはぜひ弊社までお気軽にご相談ください。


応募書類の作成、会計処理、報告書作成といったバックエンド業務から、実証事業のマネジメントやマーケティング・販売といったフロントエンド業務まで、幅広く対応可能です。

上記の補助金リストの具体的な活用法や事例などをご紹介することも可能です。


具体的には下記の様な支援を実施しています。

  1. アイデアを補助金の性質に合わせてストーリー作成・提案書作成・見積もり案作成

  2. ビジネス展開サポート(ビジネスコンサルティング、調査支援など)

  3. 補助金の実施サポート(レポート作成、精算補助など)




補助金を検討されている方は、まずはぜひお気軽にお問合せください。

アフリカ市場進出にお力添えできれば嬉しいです!

 

AXCEL AFRICA

facebook フォロー&シェアキャンペーン詳細


■キャンペーン名称

AXCEL AFRICA facebook フォロー&シェアキャンペーン


■キャンペーン期間

参加者募集期間:2024年03月27日(水)8:00~2024年04月7日(日)23:59※日本時間


■キャンペーン主催者

株式会社アクセルアフリカ


■プレゼント

アフリカ進出・事業開発に活用できる補助金・助成金・委託事業資料



キャンペーン参加方法

 

1.facebook 公式アカウント「Axcel Africa K.K. 」をフォロー。

※すでにフォロワーの方は対象投稿をリポストのみで参加となります。


2.上記アカウントから投稿される該当ポストをシェア。


3.後日DMにて資料を配布いたしますので、DM解放を設定し、フォローを外さずお待ち下さい。


 

キャンペーン利用規約


ご応募いただく前に、キャンペーン詳細と合わせてご確認ください。ご応募いただいた方は、掲示されている各事項を理解いただき、本規約に「同意」したとみなさせていただきます。


【キャンペーンについて】

  • 本キャンペーンは、株式会社アクセルアフリカ(以下、当社)が主催するキャンペーンです。facebookは本キャンペーンのスポンサーではありません。

  • 本キャンペーンは、事前に通知することなく、システムメンテナンスや不具合等により中止・中断・終了する場合があります。

  • 本キャンペーンへの応募には、facebookアカウントが必要となります。


【応募資格】

  • この規約に同意された方

  • facebookアカウントを保有し、当社指定アカウントをフォローされている方。


※1応募者1アカウントでの応募とさせていただきます。

※ facebook アカウントが非公開設定になっている方、シェアが検索対象外となっている方、ご応募いただいた投稿を削除された方は、応募が無効となりますのでご注意ください。

※資料送付まで当社指定アカウントをフォローしている必要があります。

※facebook アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成して応募してください。アカウント作成にあたっては、ご自身でfacebook の利用規約などをご確認ください。


【禁止事項】

応募を通じて、以下の事項に該当するアカウントからの応募は無効とさせていただく場合があります。またキャンペーン参加後に判明した場合も、資料受け取りの権利を無効とさせていただく場合があります。

  • facebook の利用規約に違反している。

  • 自動プログラムを利用して応募。

  • 複数のfacebook アカウントからの応募。

  • 本キャンペーンの運営を妨げる行為。

  • 特定の団体や個人に対する誹謗中傷。

  • 公序良俗に反する行為。

  • 宣伝及び勧誘行為。

  • その他、運営事務局が不適切だと判断した行為。


【資料について】

  • 資料受け取りの権利は、ご本人のみ有効とし第三者に譲渡することはできません。

  • 資料の転売はしないでください。


【資料配布について】

  • 資料配布、キャンペーン終了後2週間以内を予定しています。

  • 資料配布は、facebookのメッセージ機能を通じて通知します。

  • 資料受け取りの日や時間指定などはできません。


【その他の注意事項】

  • 本キャンペーンに関して応募者に発生したいかなる損害についても、当社は一斉責任を負いません。

  • 応募に関わる通信料及び接続費などの諸経費は、応募される方の負担となります。

  • 機種・OS・ブラウザ等の理由により一部のPC、スマートフォン、タブレット等では、ご応募いただけない場合もございます。

  • facebookの設定や使い方については、facebook (Meta) 社にお問い合わせください。

  • 本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合があります。また、本応募規約は、当社の判断により随時改訂することができるものとします。キャンペーン内容の変更または本応募規約の改訂を随時告知します。告知後は、当該変更または改訂された内容が、本キャンペーンの当社と全ての応募者の方との間で適用されるものとします。

閲覧数:41回0件のコメント

Comments


bottom of page